【体験談】買い物帰りの寂しい人妻との秘密の約束

この前、授業終わりにアパートに帰る途中、前を歩いていた女の人がつまづいて転んだ。スーパーの買い物袋から物がこぼれてて、大丈夫かなと少し見てたんだけど、なかなか立ち上がる気配がない。俺はさすがに心配になって声を掛けた。

 

見ると、足をくじいたようで、彼女は左の足首を押さえてとても痛そうにしていた。俺はとりあえず、散らばった商品を拾って袋に入れて彼女に渡した。「ありがとう」と彼女は言ったけどまだ痛そうで、俺は「ちょっと待ってて」と言って、すぐ隣の公園に行ってハンカチを濡らしてきて彼女の足首に巻いた。

 

家は近くなのかと聞くと歩いて5分ほどだと言う。遠慮する彼女に、少し強引に肩に掴まらせて、荷物を持って彼女の家まで一緒に行った。

 

 

彼女の家は近くの2LDKマンションの2階だった。一緒に歩きながら、俺は彼女の左手の薬指に指輪があるのを見ていた。彼女を玄関まで送り届けて帰ろうとすると、彼女が「お礼をしたいから少し上がって」と言ってきた。普段なら断るところだったけど、彼女がまだかなり痛そうにしていたので、「じゃあ…」と言って彼女をリビングまで連れて行くことにした。

 

俺はダイニングの椅子に彼女を座らせ、彼女に許可をもらって買ってきたものを冷蔵庫の中に入れた。彼女は申しわけ無さそうな顔をしていた。俺はその時、二人暮らしにしては冷蔵庫の中身が少ないのが少し気になった。彼女が足に巻いていた俺のハンカチを取ったのでそれを奪い取り、水道の水で冷やしてからまた彼女の足首に巻いた。彼女は自分の家のタオルでと言ったが、どうせもう濡らしてあるし、100円ショップで買った安物だからとそのまま押し通した。

 

ふと見ると、彼女の右足の膝に小さな血の跡があるのに気づいた。どうやら転んだときに右ひざも怪我していたみたいだった。救急箱の場所を聞くと、テレビの横の棚の上だと言う。

 

ずっとダイニングの椅子に座っているのも疲れるだろうし、一人になってから移動するのも大変だろうからと、彼女をテレビの方にあるソファへ連れて行って、俺は救急箱を取ってきた。救急箱から消毒薬と絆創膏を取り出す。そして彼女のズボンを膝まで上げようとして気がついた。彼女のズボンは先に行くほど細くなっていて、ふくらはぎの途中で止まってしまう。ズボンを脱がないとひざの怪我の治療ができなかった。俺が帰ってから自分でやってもらうのが一番なのだろうが、こちらに移動するときもかなり痛そうにしていた。一人でできるかな?どうしようかと迷っていると、彼女が「あの、あれ、取ってもらえますか?」と言ってきた。

 

彼女の指した先にはゆったりめのひざ掛けのようなものが畳んで置いてあった。俺がそれを取って来ると、彼女はそれを自分の腰周りに掛けた。そしてボタンを外しチャックを下げる音が聞こえてきた。

「あの…、ズボンを引っ張ってもらえますか?」

彼女の意図はわかった。でもいいのか?という疑問で頭がいっぱいだった。腰周りに布があるとは言え、一枚下はパンツじゃないか。しかも俺は前から見てるから、布の奥が見えてしまう可能性あるんだぞ?でも、そう言ってる間にも彼女が痛みに耐えるような息をしているのが聞こえる。俺は「これは治療のためだから」と自分に言い聞かせて、彼女のズボンを下ろすことにした。

「痛っ」彼女のズボンの下の方を持って引っ張ったら、怪我した部分を擦ったのか、彼女が小さく声を上げた。「あ、すみません」と俺は手を放した。下の部分だと擦ってしまうと判断した俺は、「すみません。失礼します。」と彼女のひざ掛けの中に手を入れて、彼女のズボンの上の部分を持った。彼女も腰を浮かして協力してくれたので、俺は一気に彼女のズボンを引っ張った。

「あ、ちょ、ちょっと!」

一気に引っ張りすぎた。ズボンと一緒に彼女のパンツまで一緒についてきてしまった。

 

「す、すみません!」俺は手を放して顔を背けた。

 

「いえ、大丈夫です。ごめんなさい」彼女がパンツをあげる。

 

俺は彼女がパンツを戻したのを確認してから、彼女のズボンを脱がした。ひざには小さく何箇所か血が出ている場所があった。消毒液を掛けてティッシュで拭き取る。

 

「しみますか?」「大丈夫です。ありがと」綺麗に消毒した後、絆創膏を貼った。

 

ふと、今の状況を冷静に考えて、これはやばいなと気づいた。

 

「こんなところ、旦那さんに見られたら完全に勘違いされちゃいますね」と、

 

なんとなく空気を変えたくて言ったら、

 

「うちの人はこんな時間に帰って来ないから」と寂しそうに彼女は言った。

 

「そうですか…」「夕飯だってほとんどうちで食べないんです。だからいつも一人きりで…。」冷蔵庫の中身が少ないのはそういうことなのかと思った。

 

「あの、本当にありがとね。誰かに優しくされたのなんて久しぶりだったから、つい甘えちゃって、色々やらせちゃった。」

 

「いえ、この程度別に…」彼女の寂しそうな笑顔に、なんだか胸が苦しくなった。

 

「お礼とか言ってうちに上げたのも、誰かと話がしたかったからなの。もうずっと誰とも会話してなくて…。ごめんね」

 

俺はつい彼女の手を握っていた。彼女も俺の手を握り返してくる。

 

「あの、俺でよければ話聞きます。話し相手になりますから…」

 

俺は彼女の隣に座った。彼女の目は潤んでいるように見えた。そっと顔を近づけると彼女の方も近づいてくる。だんだんと顔が近づいていって、そして彼女はゆっくりと目を閉じた。俺は彼女の心を包み込むように、ゆっくりと優しくキスをした。それから彼女の耳にキスをして首すじを愛撫し始めたところで、一瞬彼女が足の痛みで苦しそうな息を吐いた。俺は彼女が怪我していたのを忘れていた。

 

「あ、ごめん。大丈夫?」「大丈夫。気にしないで。」

 

彼女はそう言ったが、俺はそれ以上するのをやめた。

 

それから、冷蔵庫から飲み物を取ってきて、二人で飲みながら彼女の話を聞いた。そして俺の話もした。彼女が俺の手を取って、ひざ掛けの下の彼女の生足の上に置くから、俺は自制心を総動員してなんとか彼女に襲い掛かるのを止めた。

 

もしかしたら彼女はそれを望んでるのかもと思ったが、それでもそれは今日じゃなくていいと俺は思った。「夕飯はどうするの?」と聞くと、「今日は冷凍のスパゲティで済ます」と言うので、それをレンジで温めて出してから俺は自分のアパートに帰った。帰る前にLINEを交換した。

 

帰る途中で彼女からお礼のメッセージが届いた。俺は、「寂しくなったらいつでも連絡ください。話し相手くらいにはなれますから」と返信した。彼女からはハートのついたありがとうというメッセージが返ってきた。

 

 
 

俺がメインで使ってるのはPCMAX

 

コスパはかかるけど、結局手っ取り早くエロい女探すにはPCMAXが最強だから。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

出会い系っていうのはやっぱり知名度が最重要。知名度が高いほど女の登録数が多い。女の登録数が多ければそれだけエロい女が多い。

 

 

だから多少コスパはかかるけどPCMAXをメインに使用している。(▶PCMAXで人妻を探すにはここを参考にしてくれ)

 

 

次点でハッピーメール。コスパをかけずにじっくりエロ女探すにはハッピーメールは最強。

 

 

出会い系初心者にはハッピーメールはお勧め。(▶ハッピーメールでセフレを探すにはここを参考にしてくれ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です